PO LNA HO AtoZ Library of Michel Polnareff の活動をご説明します。当グループでは、ポルナレフの活動記録のアーカイブと体系化、そしてその調査・研究活動です。特に、日本における活動については我々日本人が後世に伝授する形で残し伝えたいと考えています。そのための活動の一環と考えています。

中期目標のゴールは、2022年に初来日50周年『ミッシェル・ポルナレフ大回顧展(仮称)』を開催することです。そのことで、しかるべき素材を集め、なんらかの形として残すことができます。そのための準備委員会と考えても良いかも知れません。現在、以下のプロジェクトを立ち上げています。
①日本盤完全ディスコグラフィー出版プロジェクト(2020春)
②会報プロジェクト:当時のファンクラブの会報を集約して、一冊の本にして頒布(2020年秋)
③自伝翻訳出版プロジェクト:フランスで出版された自伝の翻訳本の出版(2021年秋)
④初来日50周年『ミッシェル・ポルナレフ大回顧展(仮称)』開催プロジェクト(2022年)
その他のネタもありますが、まだふ卵器に入っている状態です。
普段は「ポル・ゼミ」活動や研究会を通して、それぞれのゴールを目指してタスクを進めてまいります。また、上記活動には一定の費用が掛かるので、財務上は POLNA+本体から切り離し、独立で会計処理する予定です。
​Michel Polnareff Fanclub